女性である限り、一生ダイエットと付き合います

女性は特に男性よりも美意識を高く持ちキレイでいなくてはいけないと思います。そのための美容の一つとして、体型を保つことも重要だと思います。

私は家系に太った人はおらず、太りやすい体質でもなくごく普通の体型です。ただ内臓脂肪がつきやすいのか、手足はすらっとしていますがお腹周りに脂肪がついて3段腹になっています。

どんなにダイエットをして、ローレル指数が〝痩せている〟になっても、お腹周りだけは脂肪が落ちません。

お腹周りのダイエット方法としては、気が付いたときにはお腹に力を入れるようにし腹筋を鍛えています。

小さな子がいるから、なかなか腹筋やスポーツをする時間がないから日頃の意識を高く持つようにしています。

また敢えてお腹がピチッとした服装をし、気が緩むとお腹周りがずどんと見えるような服装をしています。ズドンと見えないように意識しています。

色々なダイエットを試しましたが、ダイエット商品はどれも値段が高いです。そして私の性格上、なかなか続けられないから、一切お金をかけずに頑張ろうと思っています。

そしてダイエットは、私にとって一生の課題です。キレイにいるためには、体型を若々しく保ち、若めの服装をすることも大事だと思うからです。

体型を若々しく保ちたい方へは流行の骨盤ショーツがおススメ!

普段から姿勢を正してぽっこりお腹を引き締める

学生時代、運動部に所属していた頃には「まさか自分が……」と思っていた、ぽっこりお腹。

社会人になり、運動不足と生活環境の乱れが原因なのでしょうか、気づけば自分のお腹もすっかり弛んでしまってました。

友人に指摘されて、それに気づいてからダイエットを始めたのですが、どうにもお腹がひっこみません。

食事を見直し、ジョギングなどをはじめ腹筋トレーニングなどのダイエットに挑戦してみたのですが、体重と体脂肪率は落ちてもぽっこりお腹は戻りませんでした。

そこで、普段から意識してお腹を引っ込めるようにしてみました。と言っても、色々と忙しい生活の中で、常にお腹を意識しつづけるのは難しいです。

そこで、ベルトをすこしきつめにして、普段から姿勢を正しくするようにしてみました。

正しい姿勢で背筋を伸ばすと、座っていても立っていても歩いていても、お腹はひっこみます。

さらに意識してみると、正しい姿勢を保つためにあちこちの筋肉を使っていることがわかります。

筋肉を使うと言うことはエネルギーを消費すると言うことで、脂肪の燃焼にも繋がります。

また、通常の運動で脂肪の燃焼などを行うためには30分以上の長時間トレーニングが必要になりますが、これなら30分どころか何時間もつづけることになります。それでいて疲れませんし筋肉痛にもなりません。

不自然な運動をしなくても、日常生活の中でダイエットができるのです。

私自身、この意識して正しい姿勢を心がけるというだけの行動で、半年ほどでぽっこりお腹を解消することができました。

ダイエットの基本は理想を思い描くこと

ダイエットの方法は無数にありますが、私がやってみて効果的だと思ったのは筋トレです。

脂肪の燃焼には30分以上の有酸素運動が重要という説があり、それはその通りだと思うのですが、効果を実感するのに時間がかかります。

それに比べて筋トレは、自分の体が鍛えられたという実感を感じやすいです。

特に最初の方は、筋肉痛で「こんなに頑張ったんだ!」という満足感、ぷよぷよの二の腕にぐっと力を込めると固く引き締まりますし、お腹周りも、腹筋を正しく鍛えることで引っ込みます。

明らかな変化を感じられ、モチベーションを保ちやすいのです。むしろモチベーションが上がります。

モチベーションが上がればつづけるのが楽しくなり、それが続けば日常の習慣になります。

もちろんすぐに脂肪が燃焼され、皮下脂肪がなくなるということはありません。ですが筋量が増大すればするほどにエネルギー消費も増え、それが余分な脂肪の燃焼に繋がります。

また筋トレによって運動が苦にならない体になっていきますので、日頃から体を動かすのが楽しくなってきます。

日常でエスカレーターを使わずに階段を使ったりするのは、いろいろなダイエット本や健康本に書かれていますが、それらを「疲れた」「頑張ろう」などと思わず楽しく行うことができます。

私自身、適度な筋トレによって肉体的なダイエットに成功し、さらに日常が楽しいものに変わりました。

もちろん性格や環境、体質によってダイエット法は違うと思いますが、私にとっては筋トレこそ最高のダイエット方法です。