投稿日:

食事内容と運動でダイエット

年齢と共に、血糖値が上がってしまい必要に迫られてダイエットに取り組んでいます。

りんごダイエット、キャベツダイエット、・・・・いくつか取り組んでみましたが、やはり、1つのダイエットだけでは、なかなか長続きしません。

そこで今では、いくつかのダイエットを組み合わせて取り組んでいます。

まずは、先にもあげましたりんごダイエット、キャベツダイエット、食事の前に食べることによって、かなり、ご飯の量を減らすことが出来ました。

いままでの自分が食べていた量の半分ぐらいになりました。

 次に取り組んでいるこは、甘い物をいかにしてへらしていくかと言うことです。

あまいもの好きということもあって0ではつづかないので、まずは、クリーム類はなるべく食べない。和菓子系統に変えていきました。

もうひとつは、糖質0の砂糖を使用して自分でデザートを作っています。

具体的には、寒天の粉を購入して、毎日、牛乳と糖質0の砂糖それから、粉寒天で牛乳かんのようなものを作って冷蔵庫に置いておきます。

そして、甘い物が欲しくなったときや食事の前に食べます。甘さもあり満足もできて、食事の前にたべるとかなり食事が少なくても満足出来ます。

 そして、運動を意識して1日の中で1回は取り入れます。ウオーキングや水中ウオーキングを取り入れています。

投稿日:

下半身痩せのダイエット方法

自分の下半身が太いことが気になりだしたのは、二十歳の頃です。

気に入ったパンツやスカートをみつけても、はいてみると太い脚のせいでシルエットが悪くなってしまい、きれいに着こなせる服をなかなか見つけることができませんでした。

ダイエットをしようと決意した私が最初に選んだ方法は、食事制限によるダイエットです。

夕飯は炭水化物を食べないようにすることと、夜7時以降は水以外のものを口に入れないというダイエット法です。

このダイエットを続けて、3キロの減量に成功しました。

しかし、上半身と下半身のバランスは変わらず、肝心の下半身は太いままでした。

そこで、お尻と太もも痩せのために下半身の筋トレをすることにしました。

その筋トレは、太ももやお尻を鍛える「スクワット」です。

足を肩幅くらいに広げて、お尻を突き出すようにしながら腿が床と平行になるくらいまで膝を曲げます。

このときに背中を丸めないように気をつけます。

ゆっくり5秒かけて膝を深く曲げ、5秒かけてゆっくり伸ばす。

これを10回3セットとして毎日行いました。

この筋トレダイエットは、2ヶ月ほど真面目に続けた結果、これまで履いていたパンツのお尻と太もものあたりが少しゆるくなり、下半身痩せを実感することができました。

投稿日:

お金をかけずダイエットしたいなら一日の食事を工夫するだけ!

ダイエットと言うと今は昔よりもいろいろな情報があり、サプリを頼んでみたり、ジムに通ってみたり、いろいろな方法があると思いますが、それらは大体お金がかかってしまいますし、継続して行うのも大分大変なものが多いと思います。

ランニングなどをして地道に痩せるというのもありですが、やはり身体的な負担と時間がかかってしまうというデメリットがあります。

そこで、ぜひご紹介したいのが、一日一食ダイエットです。

大抵の人は今現在一日三食食べていると思いますし、食べないと健康に悪いんじゃないのかと思うかもしれませんが、メリットもたくさんありますし、決して悪い方法ではないと思います。

実際、私もこの方法を試したところ、痩せるのはもちろん寝起きが良くなったり、睡眠時間が前よりも少なくて済むようになりました!

そしてお金は減るどころか、むしろ今よりも自由に使えるお金が増えると思います!

それに、一人暮らしの方などは、調理や外食などをする時間なども当然減るの本当にお勧めです!

デメリットは、強いて言うなら最初のうちは空腹感があるというのと、途中でやめてたくさん食べることによるリバウンドのリスクがあるということです。

でもほかの方法に比べても比較的試しやすいと思うので先ずはとりあえずやってみることをお勧めします。